《レシピを見ずに料理を作る秘訣》美味しい塩分濃度を知る

質問を頂きました。

美味しく出来る時もあれば物足りない時や濃い時もあって、せっかく作ったのに残念な気持ちになる時があります。

レシピを見なくても出来るようになりたいのですが、何か基準のようなものが有れば教えて欲しいです。よろしくお願い致します。

先生、応援しています!

ご質問ありがとうございます!

とくに、最後の行が嬉しいです😃

お答えします。

物足り無いに関しては、食材の旨味がきちんと出てないとか、組み合わせがあまり良くないとか、色々な要素が絡んでいますので、一概には言いにくいです。

ですので、味付けの部分に関してだけですが、この3つだけ抑えておくと、大失敗は無いというポイントをお伝えしようと思います。

大失敗がない2つのポイント

  1. 美味しいおかずの塩分濃度は、0.9~1%
  2. 和食での基本は1:1

それぞれ、詳しくお伝えしますと、、

1,美味しいと感じる塩分濃度は、0.9~1%。

血液の塩分濃度は0.9%、それと直接関係有るのか無いのかは、僕には分かりませんが、実際に美味しいと感じるには、0.9~1%。

これだけ覚えておくと、すごくお料理作りが楽になります。

例えば、お肉や、お魚を焼く時に、どれ位の塩をしたら良いかも分かります。

材料を計量して、その重量の1%のお塩をすると、間違いなく美味しく焼けます。

例えば、鶏のムネ肉が300gだったとすると、3gのお塩をすると良いという事です。(300g×0.01=3g)

ただ、材料の中にも塩分が含まれていますので、お肉だったらそのまま1%でも大丈夫ですが、お魚の場合は、若干少なめにお塩をします。

これは、野菜でも同じです。

浅漬をする場合も、野菜の重量の1%になるようにすると良い塩梅になります。

ただ、野菜からは水が出ますので、その分を加味して、野菜の1.2%のお塩で、ちょうどよい浅漬ができます。

何回か試してみて、ご家庭の塩加減を塩梅してください。

ちなみに、おかず以外の塩分濃度は、

おかず 0.9-1.0%

お味噌汁 0.7-0.9%

お吸い物 0.6-0.7% 

目安にしてください。

2は、また追記します!

《無料》30日間で料理上手になる!LINE料理教室

お友だち追加するだけで、お申込みは完了します。
画像をタップすると、LINEのお友だち追加画面に切り替わります。
お名前やメールアドレスの入力は必要有りません。