《活性酸素が病気を起こす》体のサビ、老化の原因、酸化とは?

老化の原因は、様々な説があります。

プログラム説、酸化説、糖化説、腸の老化説、テロメア説、遺伝子修復エラー説、免疫機能低下説、ホルモン低下説など。

その中でも、食に大きく関する、

  1. 酸化
  2. 糖化
  3. テロメア

この3つについて、順にお伝えしていきます。

酸化とは?

酸化とは、いわば、体の中にサビができている状態をイメージして頂くと分かりやすいと思います。

機械でも、錆びていると、動きがにぶくなったり、動かなくなったり、最後には壊れたりしますよね。

その様な状態になっているイメージです。

では、酸化が、なぜ起きるかと言いますと、酸素と食べものが結びついてエネルギーになります。

車のガソリンも、ガソリンだけじゃ燃えなくて、酸素が必要ですよね。

ガソリンと酸素があって、火花が散るとエンジンが動くのですが、体の中で、同じ様なことが起こっているという訳です。

そして、取り入れた酸素のうち、食品と結びつかなかったものが、活性酸素と呼ばれる、強力な酸素に生まれ変わります。

それが、体中の細胞を傷つけたりして、細胞の構造が変わったりして、病気を起こしたり、老化を早めたりすると言われています。

この活性酸素が多い状態のことを、酸化ストレスの状態と言われています。

次の動画では、酸化の原因について、お伝えします。

酸化する原因は?

酸化する原因は様々ありますが、主な原因とされている7つをご紹介します。

1、食べものによるもの。

特に、酸化した食品が影響をしています。

酸化した食品については、後ほど詳しくお伝えします。

2,ストレス

ストレスを全く無くすのは、難しいかもしれませんが、考え方を変えたり、環境を変えたり、色々な工夫をしてストレスを軽減できるようにしてみましょう。

このコースでは、ストレスを軽減するための詳しいコツはお伝えしていませんが、機会があれば、お伝えできるかもしれません。

3,紫外線

紫外線は浴びなければいけませんが、浴びすぎは酸化を進めてしまいます。

紫外線を浴びる時間は、朝、15分程度が良いとされています。

また、朝日を浴びることは、幸せホルモンであるセロトニンの分泌も促してくれますので、ぜひ日課にしてみてください。

お仕事などで、長時間紫外線を浴びている人は、対策をされることをおすすめします。

4,運動不足

運動は、適度に行いましょう。

あまり、過激な運動ではなく、軽い運動が望ましいと言われています。

今、特に運動をしておられない方は、週に2日間、30分程度からはじめてみましょう。

特に、お年を召されている方は、くれぐれも無理な運動をなさいませんよう、お願いします。

ご自宅に場所が有れば、トランポリンなども、体幹を鍛えたり、全身運動にもなり、デトックスやストレス解消、美肌効果なども報告されています。

なにより、楽しいですので、続けやすいのではないでしょうか。

5、睡眠不足

いま、多くの人は、睡眠不足と言われています。

年齢や、性別、人によっても最適な時間は変わってきますが、7時間を目処に自分にあった睡眠時間を見つけて、規則正しい生活を心がけてみましょう。

6,喫煙

7,過度な飲酒

喫煙と飲酒に関しては、もう、説明の必要はありませんよね。

酸化する原因をまとめますと、、

  1. 酸化した食品
  2. ストレス
  3. 紫外線
  4. 運動不足
  5. 睡眠不足
  6. 喫煙
  7. 過度な飲酒

次回は、活性酸素をなるべく増やさない食事について、お伝えします。

《無料》30日間で料理上手になる!LINE料理教室

お友だち追加するだけで、お申込みは完了します。
画像をタップすると、LINEのお友だち追加画面に切り替わります。
お名前やメールアドレスの入力は必要有りません。