糖質ゼロと糖質オフの違い


食品や飲料には、糖類ゼロ、糖質ゼロ、シュガーレス、糖質カットなど表示がしてある商品が有ります。

この表示、知識を持っている人でも、つい、勘違いをしてしまう時があります。

一般の消費者の方ならなおさら、「糖が全く入っていない」と、誤解をしてしまう可能性が高のでは無いかと思います。

そもそも糖質ってなに?


糖質とは、炭水化物から、食物繊維を引いたもです。

糖質 = 炭水化物 − 食物繊維


分かりやすく言うと、糖の全体が糖質です。

そして、

糖質 = 糖類 + 多糖類 + その他の糖


でもあります。

糖類(単糖 + 二糖)単糖類:ブドウ糖、果糖など
二糖類:砂糖(ショ糖)、乳糖など
糖質(糖類 + 多糖 + その他)単糖:ブドウ糖、果糖など
二糖:砂糖(ショ糖)、乳糖など
多糖:オリゴ糖、でんぷんなど
糖アルコール類:キシリトールなど
人工甘味料など:アスパルテームなど


つまり、糖類ゼロ = 糖質ゼロではありません。

糖類ゼロでも、糖質が入っている商品もあります。


例えば、

多糖類 … オリゴ糖・でんぷん など

糖アルコール … キシリトール など

人工甘味料 … アスパルテーム など


特に、カロリーを抑えた食品などには、糖アルコールや人工甘味料が、多く使われてます。


そしてもうひとつ誤解しやすいのが、ゼロなどの表示。

ゼロと表示されていても、完全にゼロでは無い商品があります


食品中に特定の成分を、含まない旨の表示をする場合は、厚生労働省から基準がでているので、それに従って書かれています。

厚生労働省:栄養表示基準に基づく栄養成分表示

無・ゼロ・ノン・レス


[無、ゼロ、ノン、レス]
この基準値より値が小さければ「0」と表示可能。

糖類、糖質の場合、

食品100g当たり飲料100ml当たり
0.5g0.5g

この値より、小さければ、[無、ゼロ、ノン、レス]と表示する事が可能なのです。

つまり、ゼロと表示されていても、全く入っていないという訳ではない。ってことです。

低、ひかえめ、小、ライト、ダイエット、オフ


[低、ひかえめ、小、ライト、ダイエット、オフ]
同じように、低い旨の表示をする場合も基準があります。

糖類、糖質の場合、

食品100g当たり飲料100ml当たり
5g2.5g

いずれかの基準より下ならば、表示することができます。

なんかややこしい…


消費者の方が混乱するようにわざと、わかりにくくしてるんじゃないかとさえ、思ってしまうほどですよね(笑)

かんたんまとめ

糖質= 糖類 + その他の糖


糖類ゼロでも、オリゴ糖や、糖アルコール、人工甘味料は入っている場合があります。

糖アルコールや人工甘味料の場合が多いです。

ゼロ表示でも、完全に入っていない訳ではない


糖質や糖類の場合は、食品や飲料100g(ml)のうち、0.5g未満なら[無、ゼロ、ノン、レス]と表示できます。

つまり、必ずしも全く入っていない訳ではありません。

100g中0.5g未満なのに甘くない?


でも、ちょっと待ってください。

0.5gがどれくらいかと言いますと、耳かき1杯分くらいです。


糖質ゼロなのに、なんか甘い。


そんな飲み物ありませんか?

100ml中0.5g以下しか入ってい無いハズなのに。


その秘密は、今度お伝えしますね。

↓↓

記事書きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。